花嫁の強い味方

Pocket

文金高島田「根止め」

こんにちは。

株式会社MOREの

“ブライズびゅ~てぃ“加納です。

 

今日はかつらのお話を

させて頂きます^_^

 

打掛や白無垢の時に被る、

伝統的で代表的なかつらを

文金高島田と言います。

 

かつらの中はどうなっているか

と言いますと、かつら下と言って、

かつら用のネットや羽二重で自毛を

しっかりまとめてかつらを

被りやすくしています。

 

よくかつらがズレたりしないか、

心配される方がいますが、

そこで【根止め】と言う

黒くて細長い棒状のかんざしの

ような物が活躍します^_^

 

その根止めを、かつらと

かつら下の地毛とを一緒に

かつらの中央の部分

《前髷(まえまげ)のみみと言います》

辺りからしっかりと刺して

固定させているので、

ズレ防止になり

安心してもらえるんです(^∇^)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください